⑨各科目の先生にそれぞれ受験相談をするデメリット

各科目の先生にそれぞれ受験相談をするデメリット

 各科目の指導に関しては、学校にも、優秀な先生がいます。

 教え方のうまい先生もたまにいるし、熱心な先生は必ずいるものです。これらの先生にも、協力してもらうに越したことはありません。

 しかし、先生自体は優秀でも、「進学校でしか教えない先生」という先生は、たとえば、県立高校ではまずいません。

 難関大学への合格者を数多く輩出する、いわゆる進学校で教えているときもあれば、転勤で、大学進学者がほとんどいない高校で教える場合もあります。

 また、授業を行うことは、学校の先生の仕事の一部でしかなく、学校での行事や、部活の顧問、就職や専門学校への進路相談など、担当しなければならない仕事が多くあります。

 ですから、その事情を十分に把握したうえで、協力してもらうことになります。

 だから、受験勉強の戦略は、科目ごとの先生にそれぞれ聞くのではなく、あなたを総合的にプロデュースしてくれる学習コーチのような存在の人と共に、自分の勉強方法を練っていくことが現実的で確実です。

 その上で、問題集の分からない箇所を先生に聞く、ということを徹底しなければなりません。


次の章(第10章)に進む

トップページに戻る

資料請求は今すぐ!

無料体験を受ける前に、まずは「詳しい資料」から。
資料を送ってもらう方法はカンタンです!
今すぐ、下記の資料請求フォームで住所・氏名・学年を伝えるだけ。

資料請求⇒ココをクリック!

関連記事一覧

無料体験授業の予約

2020年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年11月