⑦「人より努力していれば、いつかは受かる」という思い込み

「人より努力していれば、いつかは受かる」という思い込み

 受験生は、努力に逃げる傾向があります。

 「オレはこんなに頑張っている」とただひたすら勉強し、アピールする。

 しかし、受験生が努力することは当たり前です。

 特に、高校生の場合、120%努力しなければ、国公立大・難関私立大受験は、勝ち抜けないのです。

 都市部の中高一貫私立進学校のような例外はあるにしても、一般に、高校受験のときは、クラスの95%が高校を受験しました。

 しかし、そのうち、「大学入試センター試験」を受けるのは、ほんのわずかです。

 「中学校のときは、クラスや学年でトップクラスだった人」だけしか、「大学入試センター試験」を受けないのです。

 受験勉強に対し、意識の高い人たちだけの集団の争いなのです。

 そういった人たちは、みんな、一生懸命頑張っています。

 努力しているのが当たり前の状態なのです。

 難関大受験生は、決して「努力」という言葉や、得意分野の勉強だけに逃げてはいけません。

 どうやって勉強するか、大学受験の戦略を立てることは、学校のテスト勉強をするときに比べ3倍大変です。

 しかし、いったん大学受験の戦略のために頭を使えば、その後は3倍楽になりのです。


次の章(第8章)に進む

トップページに戻る

資料請求は今すぐ!

無料体験を受ける前に、まずは「詳しい資料」から。
資料を送ってもらう方法はカンタンです!
今すぐ、下記の資料請求フォームで住所・氏名・学年を伝えるだけ。

資料請求⇒ココをクリック!

関連記事一覧

無料体験授業の予約

2020年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年7月